新型コロナウィルスに対する当協会の取り組みについて

▲2020年1月より、新型コロナウィルスの世界的な拡がりの影響を受け、当協会でも感染拡大の予防を取っております。

▲事務所に消毒用スプレーの配置、ガイドの際のマスク等着用の徹底を行い、職員日常生活においても人の多い場所を避けるなど「3密」を積極的に避けるなどの徹底を行っております。

▲職員は当分の間、沖縄県内外で行われるイベントやPR活動などの自粛、個人旅行などの自粛を行い、「もらわない・もちこまない」を徹底しております。

状況

 沖縄県における新型コロナウイルス感染症発生状況

https://www.pref.okinawa.jp/site/hoken/chiikihoken/kekkaku/covid19_hasseijoukyou.html (随時更新)

 

 新型インフルエンザ等対策特別措置法(以下「特措法」という。)第32条に基づく緊急事態宣言は、5月15日から沖縄県を含めた39県が緊急事態措置を実施すべき区域の対象外となったことを受け、沖縄県では県独自の今後の対策をまとめた「沖縄県新型コロナウイルス感染症対策に係る実施方針」を策定されました。

 新型コロナウイルス感染症は、今後第2波、第3波の流行が予想されており、長丁場の対策が必要となることから、「新しい生活様式」を日常生活に定着して頂くとともに、各施設や店舗毎に持続的な感染予防対策に取り組んでいます。 

沖縄市の商店街でも店舗の入り口に消毒用アルコールを常備し、予防と拡散防止を行っております。(5月18日現在)



お願い


県外から沖縄に来られる際は、ご自身の体調(熱、あるいは無くてもだるい。のどの調子が良くない。咳が続くなど)がある場合はかかりつけ医への事前のご相談、及び来沖のみ合わせなどを行い、小さな島へのご協力を頂ければと存じます。私共も感染の防止・予防をとり全世界の速やかな終息を祈るばかりです。

 

何卒、よろしくお願いいたします。

 

一般社団法人

沖縄市観光物産振興協会