沖縄県下 第二の都市「沖縄市」

旧コザ市とは

 

1945年4月、沖縄に上陸したアメリカ軍が、越來村字嘉間良一帯に宣撫隊本部を、同村字胡屋に野戦病院・物資集積所等を建設しました(キャンプ・コザ)。

キャンプ・コザ内には、民間人収容施設が開設され、人口増加に伴い、同年9月から一時的に胡差市(こざし)となります。


このコザという名の由来は諸説あり、隣接する美里村の古謝(こじゃ)と、越來村の胡屋(ごや)が混同された説、英語表記つづりの誤読がそのまま採用された説等があります。

1946年4月、元の名称である越來村に戻りますが、1956年6月にコザ村と改称、翌7月に市に昇格します。

日本ではじめてのカタカナの市名を持つ都市の誕生です。

以後、コザ市は沖縄本島中部の中心都市として、発展していくこととなります。

 

 

コザ市と美里村の合併、「沖縄市」の誕生

 

1974年、コザ市と美里村が合併し、沖縄市が誕生します。

沖縄県で那覇市に次いで2番目に人口が多い市(約13万人)です。

このとき「コザ」の地名は地図上の表記から失われました。

ですが、かつてのコザ市域はいまも愛着をもって、「コザ」と呼ばれています。

 

 コザ独自の文化性

 

嘉手納基地に隣接していることから国際化が進んでおり、沖縄県の中でも特に独特の雰囲気を持っています。また、芸能も盛んで、多くの音楽家を生み出したことでも知られています。

 沖縄市の商業の中心は国道330号沿いの胡屋十字路からコザ十字路となっていますが、郊外型開発による地域間競争の激化で苦戦を強いられています。

 

 それでも、独特の文化と空気にひかれて移住する人も多いようです。とくに胡屋十字路から嘉手納基地ゲートにかけてのゲート通りや中央パークアベニュー一帯は、国際的な雰囲気と食文化、バラエティにとんだライブハウスや民謡酒場、ナイトカルチャー、さらには地域のホスピタリティの高さといった、豊富な地域資源の浮上により、徐々に再確認されされつつあるようです。

 

 

 

意外に豊富な話題性?

 

沖縄市の南東部、泡瀬地区には1987年に海邦国体の主会場となった沖縄県総合運動公園があります。また、南西部の沖縄市営運動公園および市営球場は、広島東洋カープの春季キャンプ地となっています。

 年間を通じ、多彩なイベントが行われており、主だったものとしては、

 

1月     沖縄市産業まつり

2月     おきなわマラソン(沖縄唯一陸連公認)

3月     セントパトリックスパレード 

4月     てるりん祭(照屋林助氏由来のイベント)

       フォークの日

6月9日   ロックの日

7月     ピースフル・ラブ・ロックフェスティバル

       キジムナーフェスタ

夏~秋頃   全島エイサー(旧暦の盆の翌週末)

       東部まつり

10月最終週 ハロウィンタウンインコザ

11月     沖縄国際カーニバル

       ゲートⅡフェスタ

 

これらのイベントともに、ライブハウスやイベントホール、商店街や個人店などでも、毎週末どこかで楽しい催しが実施されています。

 

沖縄市照屋の巨大壁画
沖縄市照屋の巨大壁画

このように、多様な文化が交わり息づく街が「コザ」です。


人との交流、文化の交流、食の交流とまさにいろんなモノがミックスされた「チャンプル~文化」の街は今でも「コザ」と呼ばれ、沖縄県民の中でも個性的な場所として愛され親しまれています。

沖縄市便利サイト

沖縄市内にある、観光関連施設とウェブページのリンクです

沖縄市役所
沖縄市役所
沖縄市観光ポータルサイト
沖縄市観光ポータルサイト
沖縄こどもの国(動物園&科学ミュージアム)
沖縄こどもの国(動物園&科学ミュージアム)

中部広域サイト まいにちちゅーぶ
中部広域サイト まいにちちゅーぶ
東南植物楽園
東南植物楽園
コザライブハウス協議会
コザライブハウス協議会

沖縄市音楽資料館「おんがく村」

 沖縄市立沖縄市郷土博物館